アンダーヘアって何で生えているの?

人間にはほぼ全身に毛が生えているのですが、その中で本当に必要とされている毛はごく一部でありそれ以外はムダ毛に該当してしまいます。

特に女性にとってムダ毛の処理は常識であり、自己処理を行ったり脱毛サロンに通うなどしてムダ毛が目立たないように努力されています。普段は洋服や下着で隠れているのですが、女性が気にしているムダ毛部位といえばアンダーヘアの部分です。

水着にならない限り露出する場所ではありませが、脱毛サロンでの脱毛部位で上位にランクインするほど、脱毛ニーズが高い部位なのです。なぜアンダーヘアが気になるのかというと、理由は水着を着るときだけでなく下着からはみ出ていることが恥ずかしいと言う理由が多く聞かれました。

女性同士でも下着の隙間からアンダーヘアがはみ出しているのをみると、お手入れを怠っている女性だとみなされてしまいますし、男性も親しい女性の下着からアンダーヘアがはみ出しているのを見ると幻滅さえ覚えてしまうそうです。見た目だけでなく衛生面を考えてアンダーヘアの処理を行っている方もいらっしゃいます。

アンダーヘアがあるということはその分だけ湿気がたまりやすくなり、特に生理中は蒸れが酷くなってしまい嫌な臭いやかぶれの原因となることがあります。

そこで皆さん何かしらの方法でアンダーヘアの処理を行っているのです。

アンダーヘアの処理方法として多く用いられているのが、カミソリや毛抜きによる処理方法になります。そして最近使用者が増えているのがブラジリアンワックスというアンダーヘア処理用の脱毛ワックスです。

欧米ではアンダーヘアを全くない状態にする脱毛方法が主流であり、日本でも有名タレントが実践したことからアンダーヘアを全てなくす脱毛を受けている女性が増え始めているのです。

そのような影響もあってどの程度までアンダーへアを処理するべきなのかで悩まれる方もとても多いのです。アンダーヘアの処理に関してより詳しく見てみましょう。

脱毛ラボの料金は噂通りでした

外部刺激から守ってくれる

私たちの体には全身毛が生えています。

しかしながら本当に必要としている毛はそのうちのごく一部であり
その他の残りの毛に関してはムダ毛として扱われ処理している方が多いのです。

しかしながらもともと毛にはムダなものなどなく、それなりの役割があります。

人間だけでなく、動物は人間よりもかなり濃い量の毛が全身に生えていますが、その主な役割は外部の刺激から保護すること、そして保温性を高めるためだと言われています。ムダ毛処理の部位としても人気が出ているアンダーヘアの毛ですが、それにもきちんとした役割があります。

ヒゲ脱毛は意外と安いです

アンダーヘアの役割の一つが、外部刺激から陰部を保護してくれるということです。
陰部は人間の体の中でも最もデリケートな部分の一つです。

皮膚も柔らかく刺激に対しても弱いのです。今までアンダーヘアの部分を自己処理されたことがある方も多いでしょう。自己処理後の肌がかぶれる、かゆみが出た経験があるのではないでしょうか。

他の部位と比べても皮膚が薄く非常にデリケートになっているため、自己処理による刺激を受けやすいのです。

そのため外部からの刺激の影響も受けやすく、それをアンダーヘアが守ってくれているのです。またアンダーヘアは他のムダ毛部位と比べても、毛が縮れています。

髪の毛にクセがなくストレートヘアの方でもアンダーヘアだけは縮れている方が多いのですが、それにもきちんとした理由があります。毛が縮れていることでクッション性が高められて、外部の刺激を和げる働きが高められているのです。

ジェイエステティックは、全国に店舗があります

保温性を高めてくれる

下着や水着からはみ出るため厄介なムダ毛として扱われるアンダーヘアですが、保温性を高める役割も担っています。

動物とは異なり私たち人間は下着や洋服を身に着けているので、毛が保温効果を高めてくれる必要はありません。そのため最近ではアンダーヘアのムダ毛を全て処理してしまう方も少なくないのです。

確かにアンダーヘアがあると下着の中で蒸れてしまって不快な気分になるかもしれませんが、下着や洋服だけでは保温性が十分維持できないこともあるのです。

女性にとって陰部は非常に大切な部分であり、その周辺には子宮や卵巣といった臓器が集中しています。冷え症の方は生理痛や生理にまつわるトラブルが多く見られますが、それは冷えが子宮の働きを鈍らせることが原因となります。子宮が冷えてその働きが鈍るようになると、ホルモンバランスの乱れも引き起こしてしまいます。

ホルモンバランスが乱れると生理にまつわるトラブルだけでなく、薄毛、体毛が濃くなる、肌トラブルが起こるといった美容に関連するトラブルまでもが起こりやすくなるのです。

子宮の部分を冷やさないようにするために、冷え性の方は腹巻を一年中身に着けるようにすすめられるのです。

しかしながら夏はスカートやショートパンツといった通気性のよい涼しい服装を身に着ける機会が増えるため、腹巻をしても十分保温効果が得られるとは限りません。

そのような状況でもアンダーヘアがあるお蔭で一定の温度を保てるのです。

銀座カラーのミスとは気持ちよかったです

このページの先頭へ戻る